回想 子規・漱石 高浜虚子著

回想 子規・漱石

著者
高浜虚子著
出版社
岩波書店
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2016年11月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回想 子規・漱石のあらすじ

四国松山の中学生高浜虚子(1874-1959)は,当時帝大生であった正岡子規とその友人夏目漱石に出会う.師との短いが濃密な人間関係-「子規居士と余」.虚子主宰の「ホトトギス」に「吾輩は猫である」を発表し文壇にデビューしてゆく漱石-「漱石氏と私」.2人の希有な巨人との交流を綴る虚子ならではの回想録2篇を収録.

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

回想 子規・漱石のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP