漱石文明論集 三好行雄編

漱石文明論集

著者
三好行雄編
出版社
岩波書店
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2016年11月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漱石文明論集のあらすじ

圧倒的な優位にたつ西洋文明を向うにまわし漱石は「自己本位」の立場を同時代のだれにもまして痛切に生きた.血のにじむようなその苦闘の跡を示す「現代日本の開化」「私の個人主義」など五篇の講演記録を中心に,かれの最も奥深いところから響いてくる肉声というべき日記・断片・書簡を抄録した.『漱石文芸論集』と対をなす.

864円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

漱石文明論集のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP