四月になれば彼女は 川村元気

四月になれば彼女は

著者
川村元気
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説
配信日
2016年11月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四月になれば彼女はのあらすじ

「あのときのわたしには、自分よりも大切な人がいた。それが、永遠に続くものだと信じていた」 130万部を突破した『世界から猫が消えたなら』著者、最新刊。 精神科医の藤代は、1年後に恋人・弥生との結婚をひかえていた。付き合って3年、結婚に向けてすべてが順調に進んでいるはずだった。そんなある日、藤代の大学時代の恋人・ハルから唐突に手紙が届く。“天空の鏡”があるウユニ湖から送られてきたその手紙には、今のハルの瑞々しい恋模様とともに、大学時代の藤代との別れ、そして過去の知られざる真実が綴られていた。時を同じくして、恋人・弥生、その妹・純、藤代の職場の後輩・奈々の恋愛感情にも劇的な変化がおとずれる。 愛している、愛されている。そのことを確認したいと切実に願う。けれどもなぜ、恋も愛も、やがては過ぎ去っていってしまうのか――。 失った恋に翻弄される、12カ月がはじまる

1,199円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

四月になれば彼女はのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

四月になれば彼女はを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

四月になれば彼女はの注目の投票ランキング

PAGE
TOP