賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか 井出留美

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか

著者
井出留美
出版社
幻冬舎
ジャンル
暮らし・生活 暮らし・生活全般
配信日
2019年12月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのかのあらすじ

卵の賞味期限は通常、産卵日から3週間だが、実は冬場なら57日間は生食可。 卵に限らず、ほとんどの食品の賞味期限は実際より2割以上短く設定されている。だが消費者の多くは期限を1日でも過ぎた食品は捨て、店では棚の奥の日付が先の商品を選ぶ。小売店も期限よりかなり前に商品を撤去。 その結果、日本は、まだ食べられる食品を大量に廃棄する「食品ロス」大国となっている。しかも消費者は知らずに廃棄のコストを負担させられている。食品をめぐる、この「もったいない」構造に初めてメスを入れた衝撃の書!

815円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのかを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP