悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門 プラユキ・ナラテボー/魚川祐司

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2018年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門のあらすじ

ブッダは、人生の「苦」から抜け出すには、出家して修行、すなわち瞑想を実践することで、煩悩を解脱した「悟り」に至らなくてはならないと説いた。 では出家したくないのはもちろん、欲望を捨てたくない、悟りも目指したくない「普通の人」は、「苦」から逃れられないのか? 「普通の人」の生活にブッダの教えはどう役立つのか? 瞑想をすると何が変わるのか? タイで三十年近く出家生活を送る日本人僧侶と気鋭の仏教研究者が、スリリングな対話を通して「実践する仏教」の本質に迫る。

820円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP