P+D BOOKS 快楽 (下) 武田泰淳

P+D BOOKS 快楽 (下)

著者
武田泰淳
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 文芸 その他
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P+D BOOKS 快楽 (下)のあらすじ

厳しい戒律の中で煩悩に悩む若き仏教僧・柳。 若き僧侶・柳は布団の中でひとり悶々と思う。 「宝屋夫人がしまいこんでいる快楽の要素を、すべて引き出してしまわないうちは、人生の味は感得できないのでは」と。 やがて教団活動と左翼運動の境界に身をおく柳は革命団体の分裂抗争にも巻き込まれていく。 模索する人間の業、そして集団悪――。柳の精神は千々に乱れる。中央公論社で最後の武田泰淳の担当編集であった作家・村松友視氏があとがき解説を特別寄稿。

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

P+D BOOKS 快楽 (下)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP