アメジスト色の蠱惑 フェイ・スアレス/すなみ 翔

アメジスト色の蠱惑

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス
配信日
2019年10月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメジスト色の蠱惑のあらすじ

◆1811年のハイチ。とある海賊船の船長が、色欲の強すぎる愛人に手を焼いていた。船長だけの愛人であるはずが、その女は彼1人ではとても足らず、隙あらば手下の海賊たちを連れ込んで、治まることを知らない欲望を慰めさせているのだ。あるとき船長は業を煮やし、愛人をまじない師のもとへ連れていった。不思議な魔術を使う老女は紫色に輝く大粒のアメジストに呪いをかけ、船長に渡した。「このアメジストを握らせれば、女はあんたに対して欲望を抑えられなくなる。だが石から手を離せば、尼さんのように貞淑な女に逆戻り、というわけさ」このまじないは恐ろしいほどの効き目を見せ、船長は己の欲望のままに愛人を操った――。 時は現代。ブランディはスキューバダイビングのツアーでキューバ沖を訪れていた。今日は、ハイチの海賊船が沈んでいるという噂のエリアに潜る予定になっている。 ペアを組むライアンと共に出発したブランディは、海底に紫色に光る石を見つけた。船に戻り、例の石をライアンに見せようと手のひらにのせて差し出したとき、ブランディの身体を、暴力的なまでに甘く激しい戦慄が駆け抜けた。「ライアン――わたし、ああ……あなたとしたくてたまらない!」

330円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

アメジスト色の蠱惑のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP