なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観 ネルケ無方

なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観

著者
ネルケ無方
出版社
幻冬舎
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2018年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観のあらすじ

日本人の死に対する考えは不思議だ。生と死を厳密に分けず、つながっている感覚を持ち、死者への親近感や依存度が高い。その一方で「死は穢れ」という概念があり、葬儀後の「清め塩」や数字の「4」を避ける習慣がある。また、戦時中の神風特攻隊は、武士道が謳う死の美学を身をもって貫き敵国を驚かせた。元キリスト教徒のドイツ人禅僧が、日本と欧米社会を中心に比較しながら、曖昧な日本人の死生観と理想の死について考察する。

841円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP