分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか 松本吉泰

分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか

ジャンル
科学
配信日
2020年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのかのあらすじ

化学反応には触媒が必要であるということは、化学を学んだ人なら誰でも知っていることです。では、なぜ触媒は、触媒としての働きをするのでしょうか? それを解き明かすには、触媒の表面で起こっていることを、分子レベルで調べる必要があります。本書は最新の表面科学の研究で明らかになったミクロでダイナミックな触媒の働きを、高校化学のレベルの化学の知識で、興味深くかつ分かり易く解説します。(ブルーバックス・2015年6月刊)

1,078円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP