真珠湾〈奇襲〉論争 陰謀論・通告遅延・開戦外交 須藤眞志

真珠湾〈奇襲〉論争 陰謀論・通告遅延・開戦外交

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2017年12月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真珠湾〈奇襲〉論争 陰謀論・通告遅延・開戦外交のあらすじ

「陰謀論」の系譜、検証作業の迷走。「真珠湾」は隠密奇襲作戦の成功なのか、ルーズベルトの陰謀なのか? 日本の開戦通告の歴史的遅延の犯人は誰なのか? ハル・ノートは最後通牒だったのか? 同時代人の証言からアメリカ側史料までを精査、過剰な政治的意味を負わされた「論争」ここに決着。(講談社選書メチエ)

1,566円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

真珠湾〈奇襲〉論争 陰謀論・通告遅延・開戦外交のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP