森が消えれば海も死ぬ 第2版 陸と海を結ぶ生態学 松永勝彦

森が消えれば海も死ぬ 第2版 陸と海を結ぶ生態学

ジャンル
科学
配信日
2020年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森が消えれば海も死ぬ 第2版 陸と海を結ぶ生態学のあらすじ

森はいかにして海を豊かにするのか。昔から、魚介類を増やすには水辺の森林を守ることが大切とされ、こうした森は「魚つき林」と呼ばれた。森の栄養が海の生き物を育てているのだ。現在、漁師たちが山の木を育てる「漁民の森」運動が全国で進められている。その科学的根拠ともなった「陸と海を結ぶ生態系」を解き明かす。(ブルーバックス・2010年2月刊)

1,012円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

森が消えれば海も死ぬ 第2版 陸と海を結ぶ生態学のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP