ストレスとはなんだろう 医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したか 杉晴夫

ストレスとはなんだろう 医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したか

著者
杉晴夫
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
科学
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスとはなんだろう 医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したかのあらすじ

「ストレス」を発見した天才科学者ハンス・セリエをめぐる物語。私たちは当たり前のように「ストレス」という言葉を使うが、実は、この言葉が誕生してから、約80年しか経っていない。すべての病気の原因が病原体にあると信じられていた1930年代、若き天才科学者 ハンス・セリエは、心や肉体へのストレスが体の変調をもたらすという画期的な「ストレス学説」を提唱した。医学を革新した天才的な閃きはいかにして生まれたのか? 科学者たちが織りなす人間ドラマを通じて、「ストレス学説」誕生の秘密に迫る力作。(ブルーバックス・2008年6月刊)

902円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ストレスとはなんだろう 医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP