日本リベラルと石橋湛山 いま政治が必要としていること 田中秀征

日本リベラルと石橋湛山 いま政治が必要としていること

ジャンル
人文・社会科学 日本史
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本リベラルと石橋湛山 いま政治が必要としていることのあらすじ

政治家不在の現代、湛山に学ぶ。「若しも世界の平和がそれによって保たれるならば日本は滅んでもよい」。二者択一的思考の中、広い視野なき議論を続ける現代政治。確たる指導性を発揮できず、劣化するばかりの日本政治の歴史において、没後30年なお輝きを増す石橋湛山。その思想と政策を追い、「今の政治に必要なもの」を考察する。(講談社選書メチエ)

1,458円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

日本リベラルと石橋湛山 いま政治が必要としていることのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

日本リベラルと石橋湛山 いま政治が必要としていることの注目の投票ランキング

PAGE
TOP