紀之屋玉吉残夢録 : 2 いくさ中間 水田勁

紀之屋玉吉残夢録 : 2 いくさ中間

著者
水田勁
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紀之屋玉吉残夢録 : 2 いくさ中間のあらすじ

ある晩、夜道を歩いていた玉吉は、何者かに殺されかけている浪人を助ける。だが浪人の傷は深く、この金を娘に、と玉吉に金を手渡して息絶えた。天涯孤独になってしまった娘のちづと、かつて失った自分の娘を重ねた玉吉は、なぜ浪人が死ななくてはならなかったのかを調べ始める。その裏には、奉行所も頭を悩ませるある事件がからんでいるのだった……。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

紀之屋玉吉残夢録 : 2 いくさ中間のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP