千代ノ介御免蒙る : 2 両国の華 早見 俊

千代ノ介御免蒙る : 2 両国の華

著者
早見 俊
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年02月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千代ノ介御免蒙る : 2 両国の華のあらすじ

将軍家斉をお忍びの花火見物に連れ出した番付目付の一柳千代ノ介は、両国橋に馬で乗り込み、転んだ親子を無礼討ちしようとした武士に遭遇。止めに入った千代ノ介の前に半纏姿の美女が飛び出し、武士を相手に胸のすくような啖呵を切る。お勢と名乗った女は大江戸花火番付にも載る老舗、鍵屋の花火師だった。粋なお勢に一目惚れした家斉は、お勢の花火見たさに巨大な楼閣を築くことを思い立つ。大好評シリーズ第二弾!

550円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

千代ノ介御免蒙る : 2 両国の華のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP