「死」を前に書く、ということ 「生」の日ばかり 秋山駿

「死」を前に書く、ということ 「生」の日ばかり

著者
秋山駿
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2021年01月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「死」を前に書く、ということ 「生」の日ばかりのあらすじ

日々の暮らしの中で「生」の現実とのかかわりを通じて、人間存在の内奥を探り、ただ純粋に考えてきた言葉で綴られた、ライフワーク長編エッセイ。本書のタイトルにある『「生」の日ばかり』とは、「生」の器を傾けて、日に一滴、二滴の、生の雫を汲むことからつけたもの。日々の探求を綴ったノートのタイトルでもある。2010年10月31日から2013年2月15日の絶筆までを収録。巻末に富岡幸一郎氏による解説を付す。

2,090円 20ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「死」を前に書く、ということ 「生」の日ばかりのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

「死」を前に書く、ということ 「生」の日ばかりの最新書籍ニュース

2021年03月03日 更新

PAGE
TOP