秋しぐれ 風の市兵衛 辻堂魁

秋しぐれ 風の市兵衛

著者
辻堂魁
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年10月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋しぐれ 風の市兵衛のあらすじ

廃業した元関脇がひっそりと江戸に戻ってきた。かつて土俵の鬼と呼ばれ、大関昇進を目前にした人気者だったが、やくざとの喧嘩のとばっちりで江戸払いとなった。それが15年後、離ればなれとなっていた妻や娘に会いに来たのだった。一方、“算盤(そろばん)侍”唐木市兵衛は、御徒組(おかちぐみ)旗本のお勝手たてなおしを依頼された。元力士、旗本やくざ、水茶屋の女がいつしか交錯し……。時代小説界話題のベストセラー「風の市兵衛」シリーズ、哀切の第16弾!

660円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

秋しぐれ 風の市兵衛のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP