もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら 池田信夫(原作)/田代真人(構成)/藤咲ユイ(画)

もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら

ジャンル
ビジネス・経済 ビジネス・経済 自己啓発
配信日
2016年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだらのあらすじ

2013年の総選挙で民自党が政権を奪還。しかし巨額の政府赤字を抱えて財政再建は一向に進まず2015年、国債が大量に売れ残る「札割れ」が起きる。財政非常事態下で行われた民自党総裁選で小泉進次郎が次期総裁に就任した。小泉は、フリードマンの『資本主義と自由』を掲げ、農業補助金の廃止から負の所得税までの政策を「10の約束」として打ち出した。小泉首相は国家公務員の人件費大幅削減、社会保障、公的年金の抜本的見直しなどを掲げて正面突破を図るが、国家公務員の労組はゼネストで対抗。国会は混乱し、世情は騒然とした状況になっていく… 池田信夫氏の近未来フィクションを若手漫画家の藤咲ユイさんが劇画化!

1,026円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだらのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだらを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP