スターバックス成功物語 ハワード・シュルツ/ドリー・ジョーンズ・ヤング

スターバックス成功物語

ジャンル
ビジネス・経済 経営
配信日
2016年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スターバックス成功物語のあらすじ

米国にコーヒー革命をもたらし、日本でも店舗を急拡大しているスターバックス。リピート客の多くが、コーヒーの品質だけでなく、スターバックスならではの暖かい雰囲気と情緒を味わっている。 同社の特徴は、充実した健康保険や社員持ち株制度などの徹底した社員本位の経営にある。社員の利益を図ることはコスト増になりかねないが、同社の場合は利益が減るどころか、経営者が予想もしなかったような活性剤となっている。 自分の会社が好きになり、会社の方針・目標に共感した社員は、会社発展のために努力するようになる。社員が自尊心と誇りを持てば、さらに家庭、社会への貢献とつながる。 企業が大きく成長するには、利益追求が第一ではなく、正しい価値観と人材を基盤とした経営が必要だ。その要は真心にほかならない。「真心を注いだ一杯のコーヒー」に、顧客はそれを感じて必ずこたえてくれる。 ハワード・シュルツCEOの自伝のかたちを取りながら、古風ともいえる同社の戦略を詳細に描く。

1,944円 19ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

スターバックス成功物語のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP