立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』 立原正秋

立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』

著者
立原正秋
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』のあらすじ

湘南を舞台に、筆者の虚無的な視点で描かれた“青春の光と影”『血と砂』、 貞節な女の快楽への代償を描いた『永い夜』を収録。 “昭和元禄”といわれた70年代初頭の「繁栄の中の享楽主義」に満ち溢れた湘南の地で、主人公・北ノ庄浩作は、その風俗のただなかにいながらも、一方では、そういう自分を冷ややかに見つめている。表題の<血>は人間を意味し、<砂>は風土と時代の流れを意味すると筆者は語っている。『永い夜』は、夫が出生中の38歳の明子は、息子・清晴が腰越の漁師の娘を強姦した仕返しに、その娘の兄・浩二らに輪姦される。その日から明子は、夜な夜な浩二を部屋に引き入れる女に変わっていた……。その他、夫とは正反対である陶工の男に惹かれる人妻の愛欲と別れを描いた『夢のあと』、一途な愛を捧げる男がいながらも、昔関係をもった女たらしの男と逢瀬を重ねてしまう女を描いた『船の翳』を収録。 付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 八」など関連エッセイ2作と、武田勝彦氏による評伝『立原正秋伝』より「早稲田文学編集長」収録。「写真で辿る立原作品の世界」(7)では、収録作品の舞台となる江ノ島周辺エリアを孫・立原継望氏撮影の写真で辿っていく。 ※この作品にはカラー写真が含まれます。

1,944円 19ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP