トポロジーの発想 ○と△を同じと見ると何が見えるか 著:川久保勝夫

トポロジーの発想 ○と△を同じと見ると何が見えるか

ジャンル
科学
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トポロジーの発想 ○と△を同じと見ると何が見えるかのあらすじ

数量的世界観を超える「ゴム膜の幾何学」のふしぎ!三角形や五角形などの図形の各辺の長さや、曲がり具合、面積、角度といった目につきやすい情報を取り去り、裏に隠された根源的な本質を見極める──量を捨象して質に注目する幾何学がトポロジーです。そうすると円や三角形や星形など、伸ばしたり、縮めたり、曲げたりして重ねられるものは同じものと見なすことができます。その発想の本質と応用をやさしく解き明かします。(ブルーバックス・1995年7月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。  文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。  試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

990円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

トポロジーの発想 ○と△を同じと見ると何が見えるかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP