いやでも物理が面白くなる 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか? 著:志村史夫

いやでも物理が面白くなる 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?

ジャンル
科学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いやでも物理が面白くなる 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?のあらすじ

難しくて面白くないのは、「学校物理」のせいだ! 点数を稼ぐため、時間内に必死に答えを探す「入試のための物理」。面白いはずがない。「なぜ? どうして?」にはじまる疑問に、本質的な理解を与えてくれるのが物理本来の楽しみ。「肉屋の肉が赤いわけ」「瓦割りの極意」「過去を見る話」など、豊富な話題を糸口に、物理の楽しみ方を縦横無尽に語り尽くす。物理がわかれば、ものの見方が変わる。人生が楽しく、豊かになる。(ブルーバックス・2001年3月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。  文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。  試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

1,058円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

いやでも物理が面白くなる 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

いやでも物理が面白くなる 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?の最新書籍ニュース

2018年11月15日 更新

PAGE
TOP