化学反応はなぜおこるか 授業ではわからなかった化学の基礎 著:上野景平

化学反応はなぜおこるか 授業ではわからなかった化学の基礎

ジャンル
科学
配信日
2019年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化学反応はなぜおこるか 授業ではわからなかった化学の基礎のあらすじ

プロパンガスはパッと燃え、炭はゆっくり燃える。一方、石やガラスなどは燃えない。包丁の鉄がさびても熱くならないようにみえるのに、使い捨てカイロのなかの鉄が酸化するときには温かくなるのはなぜか。物質によって、化学変化しやすいもの、しにくいものがあるのはなぜだろう。本書は、化学の基礎の基礎である化学反応とはどういうものなのか、物質が結合したり分離したりするというのはどういうことなのかをわかりやすく解説。(ブルーバックス・1993年5月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。  文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。  試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

1,012円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

化学反応はなぜおこるか 授業ではわからなかった化学の基礎のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP