遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス―(新潮文庫) 藤原正彦

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス―(新潮文庫)

著者
藤原正彦
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2019年02月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス―(新潮文庫)のあらすじ

「一応ノーベル賞はもらっている」こんな学者が闊歩する伝統の学府ケンブリッジ。家族と共に始めた一年間の研究滞在は平穏無事……どころではない波瀾万丈の日々だった。通じない英語。まずい食事。変人めいた教授陣とレイシズムの思わぬ噴出。だが、身を投げ出してイギリスと格闘するうちに見えてきたのは、奥深く美しい文化と人間の姿だった。感動を呼ぶドラマティック・エッセイ。

561円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス―(新潮文庫)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP