もうひとつの「帝銀事件」 二十回目の再審請求「鑑定書」 浜田寿美男

もうひとつの「帝銀事件」 二十回目の再審請求「鑑定書」

ジャンル
人文・社会科学 心理学
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうひとつの「帝銀事件」 二十回目の再審請求「鑑定書」のあらすじ

本書では帝銀事件の「犯人」とされる平沢貞通が、無実なのに虚偽自白に落ちたという無実仮説、また目撃者たちも平沢を見て、「犯人と似ている」とか、「犯人だと断定する」という目撃過誤を犯したという無実仮説を提起する。もし自白と目撃について、この仮説が心理学的に成り立つとすれば、そのこと自体が検察側の有罪仮説への「合理的疑い」となるはずである。本書では、こうした戦略で目撃と自白の供述鑑定を進める。

1,836円 18ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

もうひとつの「帝銀事件」 二十回目の再審請求「鑑定書」のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP