三浦光世 電子選集 死ぬという大切な仕事 ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~ 三浦光世

三浦光世 電子選集 死ぬという大切な仕事 ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~

著者
三浦光世
出版社
小学館
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 ノンフィクション
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三浦光世 電子選集 死ぬという大切な仕事 ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~のあらすじ

作家・三浦綾子の創作秘話や亡くなる直前の心に残る言葉を、夫・光世が優しい眼差しで綴ったエッセイ集。 「書きたいことはあるが、もうその体がわたしにはないのです」「わたしにはまだ死ぬという仕事がある」「わたしは朝起きて、きょうが命日かもしれないと思うことがある」 ――三浦綾子が亡くなる直前にもらした印象的な言葉や日常生活での振る舞いを、傍で支え続けた夫・光世がやさしく綴ったエッセイ集。長引く闘病生活から<介護される身は、介護する身より、はるかに苦しいのだ>と光世は結んでいる。 ほかにも、「氷点」の洞爺丸台風の事故場面は光世のアドバイスから始まったこと、その場面をたまたま新聞で読んでいた丹羽文雄にほめられたエピソードや、「塩狩峠」には実在したモデルがいたなどの知られざる創作秘話も数多く紹介されている。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

三浦光世 電子選集 死ぬという大切な仕事 ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP