P+D BOOKS 風の息 (下) 松本清張

P+D BOOKS 風の息 (下)

著者
松本清張
出版社
小学館
ジャンル
文芸 ミステリ 文芸 その他
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P+D BOOKS 風の息 (下)のあらすじ

「もく星」号事故解明のキーマンに迫る! 昭和27年4月9日、日航定期便福岡行き「もく星」号は、羽田を離陸した20分後になぜか突然消息を絶った。 その大惨事から13年後、「もく星」号墜落事故の原因究明にあたる宗介たちは、事故報告書にあった「事故の原因は、乗員全員死亡により確認は困難で、航空管制の不手際その他、何らかの間接原因に基づく操縦士の錯誤」という記述に目をとめた。さらに、“何らかの間接原因”と“操縦士の錯誤”との因果関係に着目し、報告書作成時のキーマンだった原社長に辿り着く。そして、当の原社長から真相を探ろうと小枝が何度か面会に臨むのだったが……。 筆者代表作「日本の黒い霧」などと同様に、昭和の“謎”事件の真相を解明するため、記録的手法を導入して挑んだドキュメンタリータッチの長編小説の下巻。完結編。

648円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

P+D BOOKS 風の息 (下)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

P+D BOOKS 風の息 (下)の最新書籍ニュース

2016年10月18日 更新

PAGE
TOP