立原正秋 電子全集6 『情炎 紫陽花の北鎌倉』 立原正秋

立原正秋 電子全集6 『情炎 紫陽花の北鎌倉』

著者
立原正秋
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立原正秋 電子全集6 『情炎 紫陽花の北鎌倉』のあらすじ

「感下院」を“城”と呼ぶ立原の青春小説『美しい城』と、北鎌倉の歌会で出会った男との新たな恋に震える『情炎』を収録。 妻を顧みない夫の日々に、北鎌倉の歌会で再会した亡き母の男だった光晴と再会した織子が、新たな恋の炎に身を焦がす『情炎』。「感化院」を“城”と呼ぶ石見次郎が、不良少年として、孤独と疎外の中で駆け抜ける青春群像を、カットバックしながら四部構成で綴った“私小説的”な青春小説『美しい城』の他、立原作品には珍しいハッピーエンドで終わる『相聞歌』、夫との生活をを守るため最初で最後の舞いを踊る人妻を描く『最後の仕舞』、子が出来なかったばかりに一度離縁した元夫との逢瀬に燃える人妻を描いた『やぶつばき』、そして『「接吻」と五つの短編』の6編を収録 付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 六」など関連エッセイ4作収録。「写真でたどる立原作品の世界」(4)では円覚寺亜、建長寺など、立原作品にしばしば登場する北鎌倉の風景を孫・立原継望氏撮影の写真で辿る。 ※この作品にはカラー写真が含まれます。

1,944円 19ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

立原正秋 電子全集6 『情炎 紫陽花の北鎌倉』のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP