合本 贄門島(にえもんじま)【文春e-Books】 内田康夫

合本 贄門島(にえもんじま)【文春e-Books】

著者
内田康夫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2015年10月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合本 贄門島(にえもんじま)【文春e-Books】のあらすじ

房総の海に浮かぶ小島・美瀬島。浅見光彦の父・秀一は21年前、当地で海難事故に遭った。生贄送りの因習があるこの島で九死に一生を得た彼は、朦朧とした意識のなか「こんなに続けて何人も送ることはない」「そうだな、来年に回すか」と囁く声を聞き、その翌年、心臓発作で落命した。光彦は父の死の謎に興味を抱き、現地へと向かった。そこで接触してきた男は、風光明媚なこの地で起きた連続失踪事件の究明を浅見に託し、姿を消した――。 大人気の浅見光彦シリーズの名作が合本となって登場!

815円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

合本 贄門島(にえもんじま)【文春e-Books】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

合本 贄門島(にえもんじま)【文春e-Books】を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP