ハンドレッド7 ―全世界武芸大会<上>― 箕崎准/大熊猫介

ハンドレッド7 ―全世界武芸大会<上>―

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンドレッド7 ―全世界武芸大会<上>―のあらすじ

先の≪第三次遭遇(サード・アタック)≫において見事サベージの大群を撃破したハヤトたち。だが≪武芸者≫に休息の時間は少ない。能力の向上、各国の支配権。様々な大義や思惑により、≪全世界武芸大会≫の開催が決定したからだ。しかし、「嬢ちゃん、一つ忠告だ。怪我をしたくねぇならこの大会を棄権するんだな」「何だと! 新師匠のためにも私は、このリトルガーデンは絶対に逃げないぞ!」 執拗にハヤトたちリトルガーデンを挑発するラスィーヤチームの存在が! 「……あの人たち、変な感じがする」 ネサットが覚える妙な違和感。果たしてラスィーヤチームの目的とは? 遂に≪全世界武芸大会≫開幕! ≪究極≫のメカバトルアクション、第七弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

660円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

ハンドレッド7 ―全世界武芸大会<上>―のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP