あるいは現在進行形の黒歴史3 ―わだつみの海妃が俺の嫁?― あわむら赤光/refeia

あるいは現在進行形の黒歴史3 ―わだつみの海妃が俺の嫁?―

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あるいは現在進行形の黒歴史3 ―わだつみの海妃が俺の嫁?―のあらすじ

「キキたぁーん!」「よ・う・ぢぉ! よ・う・ぢぉ!」学校の講堂に響き渡る裸マントの幼女の澄んだ歌声。そしてそれに呼応するかのように、彼女を称える生徒達の声がこだまする。な、なんだ、この異様な空間は? 「我らのアイドル、キキたんだー!」とまどう英二をよそに楓子がきらきらした瞳で壇上の幼女を追っている。ぐあああ、またこいつのせいかー! 血を吸った者を絶対服従させる力を持つリトル・ヴァンパイアのキキ。いったい彼女の目的とは!? いよいよ絶好調のシリーズ第3弾!

660円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

あるいは現在進行形の黒歴史3 ―わだつみの海妃が俺の嫁?―のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

あるいは現在進行形の黒歴史3 ―わだつみの海妃が俺の嫁?―を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP