かむなぎ 弐 憂しときは射千玉の夜 沖垣淳/睦月ムンク

かむなぎ 弐 憂しときは射千玉の夜

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かむなぎ 弐 憂しときは射千玉の夜のあらすじ

秋山の事件を乗り越え、草薙真幸と八坂千尋にようやく訪れた平穏な日々は、一本の電話をきっかけに破られる。草薙家当主の卓琉が、殺人事件について事情聴取を受けることになり、しかも警察署へ向かう途中で意識不明に陥ったというのだ。父親のサポートをするため、千尋や母の沙耶子とともに瀬戸内の小島へと向かう真幸。だが、そこで真幸は見たこともない強力な怪異と対峙することになる。さらには、真幸たちを妨害しようと暗躍する銀髪の美女まで現れて、事態は一層の混迷へと向かい始める。月さえも見えない漆黒の夜に「草薙の剣」の霊焔が燃え上がる。現代異能ファンタジー、第二弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

660円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

かむなぎ 弐 憂しときは射千玉の夜のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP