あるいは現在進行形の黒歴史2 ―紅バラの剣姫が俺の嫁?― あわむら赤光/refeia

あるいは現在進行形の黒歴史2 ―紅バラの剣姫が俺の嫁?―

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あるいは現在進行形の黒歴史2 ―紅バラの剣姫が俺の嫁?―のあらすじ

今回“も”履いてません!<何を? 「兄ちゃん、すごいよ!おっぱい天国は本当にあったんだよー!!」「……このまま潰されてしまえばいいのに……」 夏!海!おっぱい! 英二の猛反対をガン無視して「美しい海の街・蘇々木」へとやってきたのは楓子、ロザリンド、マリス……と、英二(←被害者)。時ならぬ水着天国に目を輝かせる楓子の暴走は止まらず、平和な海水浴場はまさに酒池肉林のハーレム(?)に! だがしかし、幸せの絶頂にある楓子の身に不吉な影が……!? 「ごめんなさいね、英二さん。この子はわたくしがお借りします」 気絶した楓子を抱いて微笑んでいたのは……わだつみの海妃・アイシャリアだった! 楓子さらわる!?いったい何が始まるっていうんです!? ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

660円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

あるいは現在進行形の黒歴史2 ―紅バラの剣姫が俺の嫁?―のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP