世界システム論講義 ──ヨーロッパと近代世界 川北稔

世界システム論講義 ──ヨーロッパと近代世界

著者
川北稔
出版社
筑摩書房
ジャンル
人文・社会科学 世界史
配信日
2016年04月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界システム論講義 ──ヨーロッパと近代世界のあらすじ

“近代世界を一つの巨大な生き物のように考え、近代の世界史をそうした有機体の展開過程としてとらえる見方”、それが「世界システム論」にほかならない。この見方によって、現代世界がどのような構造をもって成立したかが浮き彫りとなる。すなわち、大航海時代から始まるヨーロッパの中核性、南北問題、ヘゲモニー国家の変遷など、近代のさまざまな特徴は、世界システム内の相互影響を分析することで、はじめてその実相を露わにするのだ。同時にそれは、歴史を「国」単位で見ることからわれわれを解放する。第一人者が豊富なトピックとともに説く、知的興趣あふれる講義。

1,045円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

世界システム論講義 ──ヨーロッパと近代世界のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

世界システム論講義 ──ヨーロッパと近代世界を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP