聖者の凶数 警視庁殺人分析班 麻見和史

聖者の凶数 警視庁殺人分析班

ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2021年03月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖者の凶数 警視庁殺人分析班のあらすじ

暮れも押し迫った夜、上野の空きアパートの一室で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。手がかりは、遺体の腹に記された謎の数字と、狩りの守護聖人のカードだけ。連続殺人を予測した如月塔子ら警察の捜査むなしく、第二の事件が発生。またも記された数字は、犯人からの挑発なのか。超人気シリーズ第5弾! 講談社文庫「警視庁殺人分析班」シリーズは、講談社ノベルス「警視庁捜査一課十一係」シリーズと同一シリーズです。

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

聖者の凶数 警視庁殺人分析班のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

聖者の凶数 警視庁殺人分析班を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP