お坊さんにまなぶ こころが調う食の作法 星覚

お坊さんにまなぶ こころが調う食の作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お坊さんにまなぶ こころが調う食の作法のあらすじ

開祖道元禅師以来、曹洞宗では「食」をたいへん大切にしています。 「食」といってもたんに食物自体ではなく、調理や給仕、食事の仕方、後片付けまで全体を含むものです。 そうした食の作法が、坐禅をすることや経典を学習することと同等に扱われているのです。 ではなぜそんなに「食」が重視されるのか? なぜならそれが身体と心を快適な状態にし、周囲の人や環境と調和することを目指す禅そのものだからです。 大本山永平寺で修行し現在ベルリンを拠点に欧州の人々に禅を伝えている若き僧侶が、永平寺の食の作法を紹介しながら、私たちが日常生活でどのように実践することができるのかを語ります。

1,386円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

お坊さんにまなぶ こころが調う食の作法のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP