百年桜―人情江戸彩時記―(新潮文庫) 藤原緋沙子

百年桜―人情江戸彩時記―(新潮文庫)

著者
藤原緋沙子
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2019年02月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百年桜―人情江戸彩時記―(新潮文庫)のあらすじ

新兵衛はお店に押し込んだ賊の目を見て凍り付く。故郷の桜の下、幼い友情を誓い合った日の記憶が浮かぶ(「百年桜」)。訳あって家を出た母親を江戸でようやく探し当てた秀治に老母は一両握らせたが……(「初雪」)。部屋住みの悲哀を一身に纏い、継之進は国元を出奔した。ただ一つの使命のために(「山の宿」)。正直者には生きづらい江戸の片隅で、善意と善意がすれ違う人情時代小説傑作五編。

637円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

百年桜―人情江戸彩時記―(新潮文庫)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

百年桜―人情江戸彩時記―(新潮文庫)の最新書籍ニュース

2019年04月19日 更新

PAGE
TOP