孤独な散歩者の夢想(新潮文庫) ルソー/青柳瑞穂/訳

孤独な散歩者の夢想(新潮文庫)

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2019年02月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孤独な散歩者の夢想(新潮文庫)のあらすじ

十八世紀以降の文学と哲学はルソーの影響を無視しては考えられない。しかし彼の晩年はまったく孤独であった。人生の長い路のはずれに来て、この孤独な散歩者は立ちどまる。彼はうしろを振返り、また目前にせまる暗闇のほうに眼をやる。そして左右にひらけている美しい夕暮れの景色に眺めいる。――自由な想念の世界で、自らの生涯を省みながら、断片的につづった十の哲学的な夢想。

464円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

孤独な散歩者の夢想(新潮文庫)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

孤独な散歩者の夢想(新潮文庫)の注目の投票ランキング

PAGE
TOP