公事宿事件書留帳十八 奇妙な賽銭 澤田ふじ子

公事宿事件書留帳十八 奇妙な賽銭

著者
澤田ふじ子
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公事宿事件書留帳十八 奇妙な賽銭のあらすじ

博打の賽の目を読む天稟に恵まれた街道人足の多吉は、妻のお里から賭場への出入りをきつく諫められていた。だが、愛妻の死を契機に賭場へ通いつめ、ならず者に睨まれるほどの荒稼ぎを始める。そんな父の身を案ずる独り息子の蓑助に、多吉は「思うてるだけの金を貯めたら博打は止める」と話していたのだが……。傑作人情譚、シリーズ第十八集。

677円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

公事宿事件書留帳十八 奇妙な賽銭のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP