公事宿事件書留帳二十一 虹の見えた日 澤田ふじ子

公事宿事件書留帳二十一 虹の見えた日

著者
澤田ふじ子
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公事宿事件書留帳二十一 虹の見えた日のあらすじ

菊太郎の恋人・お信が娘のお清を連れ、神妙な面持ちで「鯉屋」へやってきた。源十郎を筆頭に店の者たちは、すわ別れ話かと気を回すが、お清の進路の相談だった。女だてらに公事師になりたいのだという。その申し出を源十郎は受け入れたが……。大人への階段を上る娘の姿を心温まる筆致で描く表題作ほか全六編。人気シリーズ、待望の第二十一集!

679円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

公事宿事件書留帳二十一 虹の見えた日のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP