公事宿事件書留帳十一 無頼の絵師 澤田ふじ子

公事宿事件書留帳十一 無頼の絵師

著者
澤田ふじ子
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公事宿事件書留帳十一 無頼の絵師のあらすじ

名立たる画人の贋絵を描いた廉で公事宿「鯉屋」へお預けの身となった扇絵師の定助。源十郎と菊太郎は、彼の普段の律儀な仕事ぶりから事件には裏があると踏む。やがて二人は定助から思いがけない話を聞かされる……。天稟に恵まれながら世に出ようとしない扇絵師の哀しい胸中に菊太郎が迫る表題作ほか全六編収録。人気時代小説シリーズ第十一集。

596円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

公事宿事件書留帳十一 無頼の絵師のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP