公事宿事件書留帳十九 血は欲の色 澤田ふじ子

公事宿事件書留帳十九 血は欲の色

著者
澤田ふじ子
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公事宿事件書留帳十九 血は欲の色のあらすじ

金貸しの老婆を絞殺し、百五十両を奪った廉で六角牢屋敷に送られた多吉。腕利きと評判の吟味役同心・太田宗兵衛から、凄惨な拷問を受けながらも頑として罪を認めない彼の様子に、菊太郎はある仮説を立てる。事件の真相を探るため、罪人になりすまして牢屋敷に潜入した菊太郎が見たものとは何だったのか? 感涙必至の人気シリーズ、第十九集。

677円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

公事宿事件書留帳十九 血は欲の色のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP