僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。6 赤福大和/朝倉はやて

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。6

ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。6のあらすじ

新学期。耕介は無人島で伊吹に告白されたのは気のせいだったかと感じつつ、日常生活に戻っていた。一方、年に一度の音楽祭が近づき、盛り上がる学園の生徒たち。だが、その熱に水を差すように、夜の学校に幽霊が出るという噂が立つ。音楽祭を成功させたいという天虎の依頼を受けた耕介は、伊吹や愛羽ら文芸部のメンバーと調査に入る。しかし、彼女たちの様子もどこかぎこちなくて……? ビッチ×オタクの学園ラブコメ第六弾!

550円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。6のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP