伯爵とメイドの禁じられた逢瀬 シャーロット・フェザーストーン/立石ゆかり

伯爵とメイドの禁じられた逢瀬

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス
配信日
2019年10月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伯爵とメイドの禁じられた逢瀬のあらすじ

◆貧しく、読み書きもできないメイドのアメリアは、毎週火曜日の朝、黒いヴェールで顔を隠し、読めもしない詩集を手にして、ハイゲート共同墓地のベンチに腰かけ、伯爵のエイドリアンが馬車で通るのを待つ。彼の姿を、人目を気にせず見つめたい――ただそれだけの理由で。屋敷の鼠くらいの存在でしかない私が、伯爵に恋をしているなんて知られたら……。ああ、それなのに。まさか彼にずっと見られていたなんて。「きみは誰なんだ? ぼくはもう自分を抑えられない――!」石の壁に押しつけられ、彼は抗えないアメリアのスカートをまくり上げる。ズロースの上から熱く濡れた秘所に唇を強く押し当てられ、アメリアは悶えた。彼は息を荒らげながら言う。「きみもぼくと同じくらい求めているね――」

330円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

伯爵とメイドの禁じられた逢瀬のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP