道化師の蝶 円城 塔

道化師の蝶

ジャンル
文芸 小説
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道化師の蝶のあらすじ

無活用ラテン語で書かれた小説『猫の下で読むに限る』で道化師と名指された実業家のエイブラムス氏。その作者である友幸友幸は、エイブラムス氏の潤沢な資金と人員を投入した追跡をよそに転居を繰り返し、現地の言葉で書かれた原稿を残してゆく。幾重にも織り上げられた言語をめぐる物語。〈芥川賞受賞作〉

594円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

道化師の蝶のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

道化師の蝶の最新書籍ニュース

2016年03月19日 更新
  • コラム

    芥川賞作家・円城塔「プロローグ」をはじめ、珠玉の3作品

    「道化師の蝶」で芥川賞を受賞した経歴も持つ円城塔という作家をご存知ですか?数々のSF作品は非常に評価が高く、かの有名な伊藤計劃に次いでフィリップ・K・ディック記念賞にノミネートされるほど。今回はそんな円城塔、珠玉の3作品をご紹介しましょう。

    2016年03月19日 05:00

PAGE
TOP