はぐれ長屋の用心棒 : 26 老骨秘剣 鳥羽 亮

はぐれ長屋の用心棒 : 26 老骨秘剣

著者
鳥羽 亮
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年02月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はぐれ長屋の用心棒 : 26 老骨秘剣のあらすじ

はぐれ長屋に近い一ツ目橋のたもとで、老武士と娘が四人の武士に襲われているのを目撃した華町源九郎は、助太刀をして二人を救いだした。手傷を負った老武士は、しばらくはぐれ長屋に滞在することになったが、出羽の国から仇討ちに出府してきたと判明する。源九郎や紋太夫らは、二人の願いをかなえるために奔走する。大好評シリーズ第26弾!

517円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

はぐれ長屋の用心棒 : 26 老骨秘剣のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP