対馬藩江戸家老 近世日朝外交をささえた人びと 山本博文

対馬藩江戸家老 近世日朝外交をささえた人びと

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年12月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対馬藩江戸家老 近世日朝外交をささえた人びとのあらすじ

将軍吉宗の代替わりに際し、来日する朝鮮通信使。江戸時代、朝鮮との外交交渉・貿易業務の窓口だった対馬藩は、朝鮮御役を拝命する。莫大な出費、形式を重んじる使節、無理解な老中たち。日朝双方の本音と建て前の間にあって、ときに詭弁を弄し、ときに脅し、ときに屈辱に耐えつつ近世の日朝「交隣」をささえた小藩の苦悩と奮闘。

1,155円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

対馬藩江戸家老 近世日朝外交をささえた人びとのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP