P+D BOOKS 魔界水滸伝 6 栗本 薫

P+D BOOKS 魔界水滸伝 6

著者
栗本 薫
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 SF・ファンタジー 文芸 その他
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P+D BOOKS 魔界水滸伝 6のあらすじ

地球を侵略せんとする邪神クトゥルーと、それを迎え撃つ地球先住の神々。奇病〈ランド症候群〉が人類に襲いかかる! 中東から姿を消した伊吹涼は、全世界人類防衛機構(WWSA)極東地区最高責任者をつとめる北斗多一郎とともに、暴動寸前のニューヨークにいた。多一郎に信頼を寄せるようになった涼は、彼が安西雄介を敵視していることを知って2人の仲を取り持つことができるのは自分しかいないと、衝動にかられて街に飛び出していく。そのころ日本では、雄介の弟分であるフリーライター・生島耕平が、人間が半魚人化していく奇病〈ランド症候群〉を追って北斗化学に迫ろうとしていた――! 栗本薫が圧倒的な筆力で現代にクトゥルー神話を甦らせた、超伝奇シリーズ第6弾!

594円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

P+D BOOKS 魔界水滸伝 6のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP