美濃路殺人事件 内田康夫

美濃路殺人事件

著者
内田康夫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2015年11月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美濃路殺人事件のあらすじ

愛知県犬山市の明治村にある品川灯台で、大京物産の社員・高桑雅文の遺体が発見された。死因は刃物で刺された失血死。遺留品の中に血のついた京王電鉄の回数券が見つかる。その血液は被害者とは別のものだった。美濃和紙の取材をしていた浅見光彦は、ニュースで事件を知る。見覚えのある高桑の顔──。好奇心がとめられずに現場へ! 凶器が包まれていた和紙が語る、旅情ミステリー。

704円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

美濃路殺人事件のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

美濃路殺人事件の最新書籍ニュース

現在ニュースの取得に時間がかかっております。しばらくしてから再度表示をご確認下さい

PAGE
TOP