P+D BOOKS 宿敵 下巻 遠藤周作

P+D BOOKS 宿敵 下巻

著者
遠藤周作
出版社
小学館
ジャンル
文芸 歴史・時代 文芸 その他
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P+D BOOKS 宿敵 下巻のあらすじ

無益な戦、秀吉に面従腹背で臨む行長。  秀吉の臣下、武人・加藤清正と商人・小西行長好対照をなす武将だった。 大陸侵攻の戦は、すべてが徒労だった。恨みと不満は朝鮮を焦土と化して、飢えと寒さが民と兵を襲った。この無益な戦を止めるため、清正に先を越されないよう、行長は才の限りを尽くして、清正を翻弄する、同時に面従腹背で臨んでいた秀吉の死を待っていた……。  そして、ついに秀吉は死んだ。戦いは終わったのだ。が、一人の野望家が消えれば、新しい野心家が現れ、また新たな戦いが繰り広げられていく。 小西行長と加藤清正の宿命の体験は、まだ終わっていなかった……。

594円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

P+D BOOKS 宿敵 下巻のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

P+D BOOKS 宿敵 下巻の最新書籍ニュース

2018年11月12日 更新

PAGE
TOP